歯科Q&A

A は、一般的な質問の答えです。
Aは、当医院の院長の考えで補足しています。

矯正 | 歯周病 | 口臭

矯正Q&A

矯正
Q:矯正って何?A:口の中に矯正装置を入れ、歯に一定の力を持続的にかけて人工的に動かし、悪い歯並びや噛み合わせを治すことです。
A一概に矯正といっても、2年~3年かけて上・下の歯や歯並びを治すフルバンド矯正と、部分的に装置をつけて動かすM.T.M矯正があります。
フルバンド矯正は、全ての歯に装置(四角い箱型のもの)をつけて動かします。
M.T.M矯正は、特に気になる所だけに、部分的に装置をつけて動かします。
その他、プレート矯正といって、主に小児や成長期のお子さんを対象とした、入れ歯みたいな装置で動かす方法もあります。ただ、自由に取り外し出来る反面治療効果があまり期待出来ない事もあります。当医院は成人矯正ですので、フルバンド矯正もしくはM.T.M矯正が中心です。


Q:なぜ矯正治療が必要なの?A:歯並びが悪かったり、噛み合わせが悪いと私たちの体にいろいろな悪影響を及ぼします。健康的な生活を送るためにもこれらを治す治療が必要なのです。それと口元の美しさを希望される方も多いためです。
Aもちろん審美的な歯並びの改善を希望する方もいらっしゃいますが、最近当医院には特に前歯の噛み合わせが上・下噛み込んでいると、首・肩のコリに大きな影響があるので、噛み合わせの機能的改善を求めて矯正治療を希望される方も増えています。もちろん最終的には口元の美しさは大切になってきますが、一時、マスコミで流行った"小顔美人"を追及するあまり、(よんよん抜歯)といって小臼歯を4本抜いて矯正する方法は、機能的に問題が出る場合があります。矯正治療後、首がつらくなるのが主な問題です。当医院では8割が抜かずに治療する非抜歯矯正、2割が抜歯矯正です。やむをえず抜歯する場合は、小臼歯のあるいは1つ奥の歯のを抜きます。 むやみに抜かせず、1~2件の矯正治療を行なっている歯科医院にご相談下さい。


Q:歯列矯正治療はいつでも始められる?A:子供の場合、年齢や不正咬合の種類によって最適な時期がありますが、成人の場合時期や年齢制限はありません。
Aとは言っても、成人矯正でも40歳前後までが適当と思います。もちろん当医院では60歳の方の治療も行なっていますが、矯正治療のみで無理して動かすのではなく、矯正と歯を被せる治療を併用して行ないます。それこそが成人総合歯科だと思います。つまり、どうしても矯正治療をした方がよい歯と、被せる処置の方が適当な歯が必ずあります。ここが10代、20代と大きく違ってくる所なのです。


Q:治療期間はどの程度かかる?A:治療期間につきましては、個人差がありますが、一般的に口の中に装置が入る期間は、全体的な治療では1年半~2年半位かかります。部分的な治療では、半年程度で終わるケースもあります。また歯を動かしたあとに、歯を保定する期間が1年~2年程かかります。詳しい治療期間は、診断時にお知らせいたします。
A当然個人差、年齢差があり、歯が動きやすい方、噛みしめタイプや片側噛みなどの癖のある動きの鈍い方などがあります。また歯を動かした後に、保定期間といって、上・下入れ歯のような装置を入れる医院が一般的です。ただし、入れ歯のようにワイヤーが歯の表面に横に大きく渡ってくるので審美的に問題がないわけではありません。当医院では、下顎は内側のみのリテーナー、上顎はクリアなタイプで一切目立たないものを入れてもらっています。


Q:矯正治療には、どのような装置がありますか?A:ほとんどの場合は以下のような固定式の装置が使用されます。
〈金属の装置:メタル〉
一般的に皆さんが目にする装置です。
〈透明で目立たない装置:クリアブラケット〉
プラスチック製やセラミック製、人工のサファイヤ製などの装置があります。いずれも、金属の装置と比べ審美性に優れています。
〈裏側につける表から見えない装置:リンガルブラケット〉
歯の裏側につけますので表からは見えません。最初のうち発音の面で慣れないことがあるなど、見えない代わりのデメリットもあります。

A当医院では、
〈金属の装置:メタル〉
行なっていません。
〈透明で目立たない装置:クリアブラケット〉
これが主流です。さらに発展したローフリクションテクニックに移行しています。ローフリクションテクニックとは、ごく細いワイヤー(010、012インチ)を使用し、弱い力で歯を動かしていくテクニックです。
〈裏側につける表から見えない装置:リンガルブラケット〉
しゃべりにくいリンガルブラケットより、当医院では3Dリンガルアーチといって、舌側から歯を全体に拡大する装置を3~6ヶ月使用します。この期間は全く目立ちません。表側からフルブラケットの治療に先駆けて行なう事により、治療期間も大幅に(3~6ヶ月)短縮する事ができます。


Q:矯正治療は歯を抜かないとできないの?A:そんなことはありません。歯を抜いた場合と歯を抜かない場合で同じ治療効果がでるなら、やはり歯は抜かないほうがよいと思います。しかし、歯を抜く、抜かないでメリット、デメリットが生じる場合は、その点について歯科医とよくご相談ください。
Aただし、現実は逆で90%の専門医が抜歯矯正と思います。必ず1~2件の歯科を受診してガイダンスを受けてください。矯正治療は保険適応外なので、大学病院などは初診、診断だけで5万円前後かかる場合もありますので、なるべく矯正治療の無料相談のある医院でご相談ください。"抜歯はしません"という事で始められて、後からやっぱり抜くというケースも耳にします。抜かない事を確約してから治療を開始してもらって下さい。


Q:矯正治療は痛いと聞いたのですが・・・A:矯正治療で初めて装置をお口の中に入れて、4~5時間位で歯が動く準備を始めます。それに伴い個人差はありますが、歯が浮くような違和感や、噛むと痛いといった症状が現れることがあります。通常、2、3日で治ります。ただ、個人差がありますので、初めからほとんど違和感すらない方、長く1週間位続いてしまう方もいらっしゃいます。
Aほぼ、こんな感じでしょう。 ただし、ごく細いワイヤー(010、012インチ)を使用する当医院のローフリクションテクニックと、太い角のワイヤー(022、028インチ)を使用する大学病院では、違和感や痛みは大分違います。


Q:先にむし歯を治療してから相談に行った方がいいの?A:基本的には、矯正装置が入る前までにむし歯の治療をしていただくことになります。しかし、矯正の診断結果によっては、歯を抜く場合もありますし、むし歯の治療法も若干変わってくることがあります。そのため、矯正治療をお考えで現在痛みのある歯がなければ、先に矯正の相談を受けることをお勧めします。
A一般的にはこの通りですが、むし歯が残っていると矯正専門医でワイヤーを外してもらって、一般歯科医でむし歯の治療、また矯正専門医へ戻ってワイヤーを着けてもらうなどと、1日に行ったり来たりする場合もあります。当医院ではワイヤーを外した時、衛生士が歯の清掃を行ないチェックもしますので、もしむし歯があればすぐその場で治療することが出来ます。帰りにはまたワイヤーを着けることが出来るので、一度の来院ですみます。


Q:歯を削って治療する方法もあると聞いたのですが・・・A:歯を削って歯の形を変え見た目を良くする方法も治療の一つです。メリットとしては、短い時間で治療が完了します。しかし、将来作り直しをする時期がくること、また、歯の根の方向と削って入れた歯の方向が異なる場合には無理な力がかかり歯の寿命を短くしてしまう場合もあります。また、何より歯を削らなくてはなりません。矯正治療は、基本的にご自分の歯を並びかえる方法ですので、治療後のメンテナンスさえしっかりすれば、一生ご自分の歯を使っていくことができます。やはり、色々な面で天然の歯に勝る人工の歯はありません。
Aもちろんこの通りですが先程もお話ししたように年齢が進むと10代、20代のように素直に動いてくれません。へたに強い力を加えると歯の根が溶けてしまうなど問題が出てきます。ですから全て動かした方がよいのか、やむをえず部分的には被せる方が無難なのかは経験に基づいた臨床判断が必要となってきますので、よくご相談下さい。一般的にディスキングといって、歯の幅が広い場合は歯の両脇を細く削る場合があります。あまり多用する医院は注意した方法が良いでしょう。ディスキングによって抜歯矯正が避けられれば、やむをえない事もあります。


Q:セラミックの歯やブリッジの歯への影響はある?A:いずれの場合にも矯正治療には支障ありません。ただ、セラミックなどの差し歯の場合、矯正治療前の歯並びに合わせて作ってありますので、矯正治療後には、作り直すことになるかもしれません。ブリッジの場合には、すでに失われた歯の両隣の歯を支えに橋渡しをしています。しかし矯正治療では、スペースが必要で歯を抜かなくてはいけない場合もあります。
Aこの通りです。当医院では一医院で矯正から被せるブリッジまで行えますので計画が立てやすいと思います。


Q:すでに歯が無いところがあるのですが、矯正できる?A:すでに歯がない部位については、矯正治療のために歯を抜いたものとしてスペースを使用できる場合もあります。また、スペースがさほど必要のない場所には、余ったスペースを治療後に補綴といって冠を被せたり、ブリッジにしたりする処置が必要となります。
Aその通りです。


Q:顎関節症ですが治りますか?A:顎関節症にはさまざまなことが原因となっていることがありますので矯正だけで治るとはいいきれませんが、歯並びを良くしてかみ合わせを安定させることは、あごの関節にとってはプラスになります。
Aその通りです。むしろ噛み合わせ治療の前段階として、矯正治療は首・肩等が治療後に楽になるケースが多いのですが前歯が上・下お互いに重なりあっているような場合などは、矯正で歯並びを治しておかないと噛み合わせ治療が出来ないこともあります。ただし、すでにお話しした"よんよん抜歯"をしますと、首・肩などが苦しくなる人がいます。矯正治療が終了した方で首・肩のコリを感じる方は、噛み合わせ治療を熱心に行なっている先生に相談して下さい。


Q:普段と同じ生活ができますか?A:基本的に日常生活に問題はありません。食事に関してはガム・キャラメルなどの粘着性のあるものは装置が壊れる場合がありますので、注意が必要です。
Aその通りです。


Q:食事は普通に食べられる?A:ほとんど問題ありません。食事の注意といたしましては、前歯であまり硬いものを食べたり引きちぎるような食べ方をしないようにしましょう。ガム・キャラメルなどは極力避けていただく方がよろしいと思います。(硬いものも奥歯のほうでなら大丈夫です)
Aその通りです。


Q:矯正中の歯みがき法は?A:矯正治療は、長期間にわたって口の中にさまざまな矯正装置を装着するので、食べかすや歯垢がたまりやすい部分がとても多くなっています。またブラッシングもしづらくなる為、正しいブラッシング法で時間をかけて磨かないと、すぐにむし歯になってしまいます。むし歯にならない為にも、矯正中は装置に合わせた歯ブラシや補助器具を選択し、今まで以上に時間をかけてこまめに歯磨きをするように心がけましょう。
Aその通りです。矯正専門歯科によっては、多くは1ヶ月に1回程度ですが、当医院の非常に細く柔らかい形状記憶ワイヤーを使用しますと早めに動くため、2~3週間に1回の来院です。その度に衛生士が清掃いたします。


Q:スポーツは普通にできる?A:直接に口に打撃が加えられるスポーツは口の中を装置で切ってしまうことがありますので控えた方がいいかもしれませんがそれ以外は問題ありません。
Aその通りですが、当医院のブラケットは高さが低いのと、その上に白いカバーがつくタイプなので、格闘技をやっている男性でも問題なく矯正しています。


Q:友人からホワイトニングは麻酔を使うから痛いって聞いたけど本当?A:歯のホワイトニングに麻酔を使うことはありません。歯の表面にホワイトニングジェルを塗りアルゴンレーザーでジェルを浸透させる治療では、痛みがでることはあまりありません。敏感な方ですと、知覚過敏に似たようなしみる感じが出る場合もありますが、そのような場合はしみるのを防止するお薬もご用意してあります。ほとんどの場合、問題なくホワイトニングを行うことが可能ですのでご安心下さい。
Aその通りです。 一般的に矯正終了して装置がとれた後、ご希望の方が多いようです。


 

歯周病Q&A

歯周病
Q:歯周病ってどんな病気?A:歯周病菌という細菌が、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケットといいます)に感染し炎症をおこす歯ぐきの病気です。
Aどんな病気というより、どこから歯周病なのか?私はもう歯周病に罹患(かかって)しまっているのか?すぐに治るのか?治るまでにどのくらいの日数がかかるのか?などが患者さんの一番の関心事だと思います。それこそ、ケースバイケースで個人々の診断・治療計画が物を言います。


Q:歯周病がすすむとどうなるのか?A:歯ぐきの炎症が進むと、やがてあごの骨も溶かしてしまいます。初期の段階では自覚症状はほとんどなく、気が付いたときには歯がぐらぐらし、抜歯せざるをえない状況になっていることも少なくありません。
Aその通りです。


Q:歯ブラシをしている時に歯ぐきから出血しました。歯周病ですか?A:歯周病の可能性が大きいです。この原因は歯にこびりついた硬い汚れ(プラーク)ですがこれは実は細菌のかたまりなのです。これらは通常の歯磨きで除去することができません。専門医によるクリーニングが必要です。
A歯周病初期だと歯ブラシの指導、スケーリング(歯のクリーニング)で済んでしまう事も多いと思います。ただし、難しいのはこの段階では本人は全く自覚していないという事です。もう一段階進んだ状態で来院される患者さんが圧倒的に多いのが現状です。


Q:歯肉から血が出るので心配です。何が原因ですか?A:汚れ(プラーク)が原因で歯ぐきが炎症をおこしているためです。
Aその通りですが、私はもう少し深い話をさせてもらいます。出血するという事は、すでに歯ぐきが簡単な刺激によって破綻してしまった結果なのです。それだけ体が弱っていると考えた方が自然です。歯ぐきだけ悪いと考える方が狭視野的な考えです。睡眠不足はないか。食事は不規則でないか。ストレスを溜めていないか。など生活習慣から考えなおさないといけません。もちろん忙しい方に言わせれば、そんな暇がないから歯医者に来ているんだ。という人もいらっしゃいますが、本来歯周病は生活習慣病ですから・・・。


Q:歯石はなぜできるのですか?A:磨き残された汚れ(プラーク)と唾液が原因となります。
A追加すると、日本人はキレイ好きなので一日に2回、朝・晩は必ず磨いている方がほとんどです。しかし、一定のきまった磨き方しかやらないので、磨き残し部分が毎日同じになってしまいます。これが3日~1週間で歯石となってしまうのです。


Q:どのくらいのペースでとれば、いいのですか?A:歯石は取り残した歯垢(しこう=プラーク)が長期間に渡って硬くなったものです。ですから一度歯石をとって、きちんと歯磨きができていれば、なかなか歯石はできてくるものではありません。しかし、完全に歯磨きをすることが非常に困難なため、わずかに取り残した歯垢が徐々に歯石になっています。できれば少なくとも半年~1年に1回は定期検診をして歯垢の取り残しがないか、また歯石が再びできていないかチェックしてもらうことをお奨めします。
Aその通りです。


Q:若くても歯周病にかかりますか?A:10代から潜在的に病気があり、気がつかないうちに重度の周囲炎に至る方が、しばしばみうけられます。
A特に若い方(30代・40代)で単身赴任や独身の一人住まいの男性などは、食生活が不規則になりがちで"一点食い"といって、今日は"カツ丼",明日は"ラーメン・餃子"と単品食いが多く、バランスの摂れた食事がなかなか難しいようです。そういう方には、サプリメント"栄養補助食品"を併用する方法も指導しています。


Q:歯石取りは痛いのでしょうか?A:人によって個人差がありますが、治療中に多少痛みがともなうこともあります。
Aその通りです。当医院では、塗り麻酔を使用するので、大半の方は緊張もせずに治療をうけられています。


Q:歯周病の治療法は?A:歯周病の進行がそれ程でない場合は、歯周ポケット内の清掃、抗生物質などの薬物治療、レーザー治療、ブラッシング指導などで進行を食い止めます。進行が進んでしまった場合は外科手術が必要となります。
A一般的にはそうなると思います。


<歯周病の状態・当医院の治療方法>
●初期の状態
歯ぐきの炎症が主です。軽くブヨブヨしている状態です。(本人もあまり気にしていません。)
・最初は歯ぐきがむず痒い
・少し骨が下がり始めるとアリが這っているような感じがする(蟻走感)
・むず痒い為、指で押すと気持ちが良い気がする

初期の治療
歯に付いた歯石やプラークを取り除きます。スケーリング・ルート・プレーニングと言います。
塗り麻酔を使用し、超音波スケーラーで取り除きますので、それ程痛みはありません。ご安心下さい。

●中期の状態
それをすぎると歯を支える骨の周囲がゆるんできます。歯の周囲のポケットが深くなります。この頃から口臭や歯肉を押すと膿が出はじめます。
・歯が浮いた感じ
・歯に力が入らない感じ
・強く噛みしめられない

中期の治療
レーザーメンテナンス + 高周波通電
この頃から通常の歯石除去やプラーク除去(スケーリング)だけでは間に合いません。
"ブラッシングで良くなる"とも言いますが、私は決してそうは思いません。
触ってもブヨブヨして痛い所を歯ブラシでゴシゴシ磨ける人はあまりいません。中には頑張りやさんが痛みをこらえてゴシゴシ磨きますが、かえって炎症を起こして腫れてしまいます。
中期に有効なのがCO2レーザーで歯ぐきの引き締め、高周波通電で歯周ポケットの殺菌と活性化です。
"自分の体にここが悪いんだ、早く治せ"と刺激をあたえる事で治りを早くします。
それが活性化です。

●末期の状態
いよいよ骨が溶け始め、歯がユレ始めます。本人も指で触ると動くのが分かり始めます。

末期の治療
1/3程度、歯を支えている骨が下がった状態

<治療>
レーザー・高周波通電・半導体レーザーで歯周ポケットの焼却を行います。

末期の中期
1/2程度、歯を支えている骨が下がった状態
シーメンス社のぺリオテスターも悪い数値を示し、本人もユレを感じます。繊維性の食べ物が噛み切れなくなるのがこの頃です。焼き芋が噛み切れません!ほかほかの焼き芋に噛みつき、本人は噛み切ったつもりでも、繊維だけニューっと出てきてしまいます。つまり、繊維が噛み切れない状態が起きています。

末期の末期
歯を支えている骨がついに1/3程度になってしまった状態
一刻も早く歯周固定療法を行なわないと手遅れになります。歯を支える骨が1/3を過ぎて根の先まで溶けないように早めに治療を受けて下さい。

<治療>
歯と歯を被せてつなげる事で、食事や夜中の噛みしめで歯がユレない環境をつくります。

当医院の歯周病治療は9割方切開オペをしないで歯の延命効果が得られます。大切なのは最後の1/3の骨をこれ以上放置して溶かさない事です。こうなると切開オペをしても予後が悪く、保存不可能になってきます。(抜歯へ・・・)
当医院に通われている患者さんは、意識レベルが高く、"ダメなら抜いて部分入れ歯"という図式は好みません。患者さんの大半が、年齢に関係なく自分の歯でしっかりと噛みたい!と願っているのです。

Q:歯周病って健康保険で治せますか?A:基本的に保険で治療できます。
A基本はそうですが、歯がゆれてしまって、どうしても歯と歯を被せてつなぐ歯周固定療法をやらなければならない治療ですと、セラミック系の白い歯などのかぶせ物は自由診療費用がかかってきます。当クリニックでは無料相談も受けています。レントゲンを撮らないと診断がつかない場合もありますが、診させてもらうだけでも、かなりのレベルまで診断可能だと思います。また、大学病院でやっている再生療法など、歯ぐきをあけて骨を再生していく大変な手術ではかなり高額な費用がかかってくると思います。私に言わせてもらえば、歯牙、つまり噛み合わせはそのままで、歯肉の軟組織の処置を中心に再生医療をやっても、なぜそこまで骨が下がってきてしまったのかという原因を追求しなくてはならないと思います。夜中の噛みしめの強い方,仕事中に無意識に噛みしめている方,のようにさまざまですが、この癖がとれない場合は歯と歯をつなぐ固定療法もやむをえないかと思っています。10年以上経過を診ていると歯牙の残存率は、固定していない方よりはるかに高いと思います。ですから初期の内から受診し予防処置に重きを置く、ただし進行してしまった歯周病は徹底的に我々が医学的に介入して治していく方法がよろしいと考えています。


今、予防・予防と騒ぎすぎて、私が25年以上前より当たり前にやってきた事までが、何か特別な事のように"予防重点主義"と謳っている医院もあります。患者さんのライフスタイルにあった医院を見つけ出し、長いお付き合いをしていくのが一番よろしいかと思っています。
当医院では、久しぶりに腫れて来院された患者さんでも、私の顔を見れば何となく笑顔が出るような、そんな長いよいお付き合いをさせてもらっている方も多くいらっしゃいます。

口臭Q&A

口臭
Q:家族や周り人には口臭を指摘された事はないが、歯磨きの後、多少いやな臭いがする。これは歯周病の初期段階なのか心配です。A:これもよくある質問です。歯周病の初期かどうかは診断してみないと分かりませんが、口臭には大きく分けて二つあります。体全体から出ているもの、体臭が口の中のばい菌と重なり合って口臭としてでてくる人もいます。そのような人は、消化管、主に大腸に宿便があったり、胃の粘膜が荒れているような事が多いものです。体臭も強くなっているはずです。「拙書:ニュートリション健康法」参照
もう一つは、口の中が原因の場合です。歯と歯ぐきの汚れを専門家に徹底的に取ってもらう事。薬物療法、うがい薬,ペリオクリン(歯周ポケットに入れる薬)も有効です。当医院の特長としては、高周波通電が有効です。高周波通電といっても、歯ぐきに麻酔を打って強くかける場合と、塗り麻酔で充分無痛でかけられる程度のものまであります。これは、歯ブラシをして嫌な臭いを感じる方には抜群に効果を発揮します。一度体験してみて下さい。当医院では大半の患者さんが希望しますので、1日何十回も使用します。


まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください